坐骨神経痛で、トイレが困る

坐骨神経痛で手術を受けられた方ですが、あまり改善せず、トイレの動作に非常に困っておられました。

トイレ両側にL型手すりをつけ、また、正面に横手すりをつけました。

L型手すりはトイレない移動と立ち座りに使うためのものです。

また正面の横手すりは、男性なので立って用を足す習慣があり、坐骨神経痛なのでこしを伸ばさないので、前の手すりをもち、体を支えながら、ようを足すための手すりです。

試しに動作してもらいましたが、喜んでおられました。

介護リフォーム、バリアフリー工事のことなら合同会社小山建築研究室

【TEL】 090-9865-2864
【所在地】 大阪府寝屋川市太秦元町16-6
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】 寝屋川市・枚方市・門真市・その他近隣エリア

一覧ページに戻る

施工実績
お問い合わせ